沖縄生活こーなるway

沖縄生活こーなるway

ないちゃー旦那とうちなーんちゅ奥さんのウキウキな日々の記録です。

【沖縄食堂】古民家食堂(まぜそば定食)@南風原町新川

南風原町「古民家食堂」を再訪です。

前回訪問時に気になったまぜそば定食を注文です。

まぜそばご飯(白米か十穀米)、サラダ切り干し大根漬物の組み合わせです。

山椒ラー油が付いてきて、辛み調整ができます。
さて、本丸のまぜそばです。

温泉卵と辛みの付いたひき肉が麺の上に載っています。
麺は沖縄そばですね。

まぜまぜして食べますが、まぜた映像はNGで(笑)麺を食べ終わった後は、ご飯を投入しておじや風にしていただけます。

感想としては、可も無く不可も無くという感じです。
もう少しインパクトや具材を増やした方が良いかもしれませんね。

こちらの記事もどうぞ】

【とんかつ】豚々ジャッキー@那覇市久米

この日はさくらが飲み会だったため、夕飯を食べるべく前々から狙っていた「豚々ジャッキー」へ訪問です。

お店の前にあるメニューをふらりと通った時に偶然目にして以来、いつか行きたいお店リストにしっかりいれさせて頂いてました。
お店は階段を上がって2階になります。ちなみに1階はマンジャーモというイタリアンのお店が入っています。

店内は金曜日の18時にもかかわらず、カウンター席を中心ににぎわっていました。

今回はオーソドックスにロースかつ定食(1,100円)をオーダーです。

おお、潔ぎよいシンプルな構成!(写真がボケ気味ですいません)
ロースかつキャベツご飯お味噌汁漬物です。

キャベツとご飯はおかわり自由です。店主の方も気にしてくれて、ご飯が少なくなると「ご飯おかわりどうですか」と声をかけてくれます。ありがたい。
さて、本番のとんかつです。

先ほどのボケ気味から一転、美味しさが伝わると思います。
横のカットと縦のカットを入れたサイコロ状のため、箸で摘まみやすいです。

そして、衣がこんなに薄いのに、食感はサクサク。そして、その分、肉は厚く旨みの詰まった脂が噛む度に沁み出してきます。
美味しすぎです。
しかも、先ほど書いたとおり普通のとんかつ店よりもカットが多めですが、それでも衣が外れる様子がまったくなく、肉と衣がしっかりくっつきあっています。こだわりの技を感じますね。

1,100円のロースかつ定食は沖縄では高い部類に入るかもしれませんが、それでもこれは絶対、食べた方がいいですね。食べ終わってすぐ、「あー、次いつ来ようかな。今度はさくらも連れていこう」と思ったぐらいですから(笑)

【こちらの記事もどうぞ】


【ラーメン】ぬーじボンボンMENDES(レアチャーシュー麺)@南風原町本部

小雨が降る中、南風原町にある「ぬーじボンボンMENDES」を訪問してきました。

こちらはラーメンもカレーもどちらも食べられるお店です。

レアチャーシュー麺(並)(880円)をオーダーしました。

麺の量は並盛と大盛は料金が同じで、特盛のみ+100円です。

焦がしニンニクが良いですね。

スープは醤油ベースに魚介の風味が豊かな味わいが広がる、飽きることなくいつまでも飲めそうなぐらい美味しかったです。

麺は細麺ですね。

細いながらにしっかりとコシがあり、噛みごたえ十分です。

チャーシューは薄切りですが、ジューシーな豚の旨みがありあっという間に食べきってしまいました。

ラーメンもとっても良かったですが、次は是非黒カレーに挑戦したいです。

【こちらの記事もどうぞ】


【沖縄そば】木灰そば とらや(本ソーキそば)@那覇市赤嶺

那覇市赤嶺にある「木灰そば とらや」へ訪問です。

店構えからして、こだわりを感じるお店です。
店内はカウンター席と座敷席があります。このお店はカウンターが奥行きがありなかなか快適です。
このオブジェはそばの麺を作る時に使っていた機器でしょうか。

さて、まずは壁のメニューを見ます。

ご飯なども食べたいところですが、今日は少し我慢。
今回は本ソーキそば(中)(650円)を注文です。
麺は中細麺平麺があります、平麺好きとしては嬉しいですね。
つきだしとして野菜の浅漬けを出してくれます。

ポリポリした歯ごたえが楽しめるこの浅漬けだけでビールが飲みたくなってきます。
さて、待っていた本ソーキそばです。

そばとソーキが別々で出てきます。

ソーキは大きめのゴロゴロしたものが3つも。そして甘め煮られたお肉は噛むとホロホロと崩れるほど柔らいです。軟骨が入っていないので、軟骨ソーキが苦手な方でもいけると思います。
それではそば本体へ。

かまぼこと刻みネギのみの具材。そして透明度の高いスープは鰹の出汁が利いていて、旨みがメチャクチャ詰まっています。

続いて、お楽しみの麺を見てみましょう。

しっかりとした平麺。そして、この平麺、食べて分かるのですが非常に厚みがあり、以前に紹介した平麺の「あわせそば」に比べて、一本一本噛み応えがあります。

この本ソーキそばが650円というのは、スゴイお得です。
お店の雰囲気や器もこだわりを感じますし、一度は訪れる価値ありです。ただし、唯一残念な点は、駐車スペースが少ないんですよね(店舗前に2台と場所は分かりませんが2台分のスペースがあるそうです)。ゆいレールの場合はちょうど小禄駅赤嶺駅の中間です。

【こちらの記事もどうぞ】


【ラーメン】琉球チルダイ(豚骨醤油ラーメン)@那覇市牧志

この日は休日出勤の代休を頂いてウキウキで那覇に出かけたのですが、気温が低い上にメチャクチャ風が強い最悪なシチュエーション。

そんな中ですが、国際通りを歩き「琉球チルダイ」へお邪魔してきました。
お昼過ぎの訪問だったため、お客さんは少な目。

店内はテーブル席と座敷席の2タイプです。

ここに来た理由は、このブログでも紹介した「武蔵屋」が閉店してしまったからです。ある飲み会の帰り、ラーメン好きが二次会でラーメンを食べながらラーメンの話をしていた中で「武蔵屋が閉まった」という衝撃的事実を聞きました*1
その際に武蔵屋と関係の深いこちらのお店で、家系ラーメンが食べれるとのことでお邪魔することにしました。

この日のランチは家系ラーメンのみで、ランチタイムはライス付きとのこと、ラッキー!
さて来ました、豚骨醤油ラーメン(700円)!

おおー、これはオーソドックスな家系ラーメン!

トッピングは海苔3枚ほうれん草チャーシューが2枚。海苔はスープに浸してからご飯と一緒に食べると相性抜群です。
チャーシューは厚切り!

スープも申し分なし。家系独特の癖になるあの味です。

さて、麺です。

麺も太麺で、しっかりとスープに絡みます。ご飯とセットだと普通盛りでもお腹がパンパンです(笑)

久々の本格派家系ラーメンでしたが、大満足。美味しかったです。
家系好きなので、こうしたお店が沖縄にあればまだまだ安心です。

【こちらの記事もどうぞ】

*1:知り合い曰く、「知るのが遅すぎ」とのこと。新規開拓に精を出し過ぎていました(涙)

【中華料理】札幌や 古波蔵店@那覇市古波蔵

今回の沖縄生活こーなるwayは、那覇市古波蔵にある「札幌や 古波蔵店」に訪問です。

店内はカウンター、テーブル席、座敷席があります。何より棚にびっしり並んだ漫画達。

これぞ庶民派中華の証。

この日はラーメンチャーハン餃子が食べたかったので、迷わずにラーメンセットを注文です!

なかなかのボリューム具合。これはお腹にズッシリきそうです。なお、ラーメンは味噌醤油の3つの味から選べます。

まずはチャーハンです。

味は少し薄目かな。ただ、ハムの塩気でご飯は進みます。

餃子は4つ。

焼き加減は好きなタイプです。きつね色の焼き目どおりパリパリ。これを醤油とラー油でいただきます。4つじゃ足りな―い!(笑)

最後はラーメンです。

もやしとニラを炒めたものが乗っており、チャーシューなどはありません。

スープは正統派の醤油ではないですが、ニンニクが利いていてこれだけでご飯が食べられるぐらい味クーター!

麺は縮れで、茹で具合は緩めですかね。個人的にはもう少しコシがある方が好きです。

大衆中華店なので、この他にも沢山メニューがありとんかつや魚フライなどもありました。定食系は満足できるボリュームだと思います。

【こちらの記事もどうぞ】


【ビュッフェ】だいこんの花 小禄店@那覇市小禄

さくらと一緒に「だいこんの花 小禄」に再訪です。

この日はちょっと嬉しいことがあり、豪華な夕飯にしよう(ただし健康的に)ということで、久々のビュッフェです。

 一皿目です。

左上から、牛すじ煮白身魚のフライローストビーフ、中段左から、麻婆豆腐お寿司蒸し野菜、左下はごぼうとこんにゃくの煮物チキンのカリフラワーホワイトソース添えもずく、以上です。

牛すじ煮とローストビーフが特に美味しかったです。牛すじ煮は甘辛で、行く度に取っていました(笑)ちなみに、お寿司とローストビーフは夜のみのメニューです。

 二皿目は、サラダを取り忘れたので一転して野菜メイン。

上から時計周りにシーザーサラダキャベツトマト、その奥にはきゅうりの味噌和え、そして手前に寿司(5貫)、最後がピクルス(?)だったかな。
入店が早かったため、お寿司は全種類取り放題。堪能させていただきました。
何と言ってもだいこんの花のウリは豊富な野菜。これでもかというぐらい野菜が並んでいて、代わりに炭水化物が少なめと嬉しい品ぞろえ。ここに来たら、野菜を食べねば!

 と言いながら、三皿目。

上から、牛すじ煮、何かの和え物・・・忘れました、ローストビーフ、玉子チャーハン、サバの味噌煮です。
取りあえず、好きな物だけ取ってきた感じですかね。

結構、お腹いっぱいになってきたのでサラリといけるものを。

というわけで、うどんです。
この日は寒かったので、温かいおつゆが身に沁みます。

さて、うどんで調子を整えた後は気を取り直して、四皿目!

奥から牛すじ煮トマトジュースお寿司ローストビーフピクルス
どんだけ好きなんだよ、牛すじ煮というぐらいですね。

この後、カレーうどんを食べて、わらびもちを食べ、さくらに「よく食べるね」と呆れられました(笑)
でも、さくらも負けじと食べていましたけど、何も言わない(言えない)じんたでした。

【こちらの記事もどうぞ】