沖縄生活こーなるway

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

沖縄生活こーなるway

ないちゃー旦那とうちなーんちゅ奥さんのウキウキな日々の記録です。

【ANA】那覇⇒石垣 2017-02

この日は業務で、石垣へ出張です。
ここ最近、JAL系が多かったのでたまにはANAに乗るかと思い、ANA1775便を予約しました。機材はANA Wings運航のBoeing 767-500(JA305K)。

ところが、この機材の到着が遅れ、チェックイン時点でDelay、搭乗口で更にDelay・・・

石垣空港で相手方にピックしてもらう予定だったので、嫌な汗が背中を伝います。Boardingが始まったのが15時10分。それから16分後に34番スポットを離れます。

離陸はRunway 36-18です。

飛んでしまえば、後は手も足もでませんから大人しく機窓からの風景でも楽しみます。

いつもの無人島ですね。見るとほっこりします。
続いては、渡名喜島

まだ未踏の地なので、いつか行きたいです(さくらは上陸済み、羨ましい)。
巡航高度に達しので、雲でも眺めます。

16時23分に最終の着陸態勢に入った旨のアナウンスがあり、石垣島が近づいてきます。

新石垣空港のRunway 04-22に着陸し、6番スポットへ滑り込みます。

ここからは、ダッシュした記憶しかありません(笑)
ANAは最近Delayが多いので、こういうギリギリの時はこれからちょっと使うのを躊躇ってしまいそうです。

便名 NH1775
機材

Boeing 737-500(JA305K)

経路 OKA⇒ISG
運賃区分 特割3
フライトマイル 185マイル
マイレージ 360マイル(185+175マイル)
FFP 770PP

【沖縄そば】宮ら美(宮古そば)@那覇市赤嶺

国道331号線沿いにある宮古そばの「宮ら美」に行ってきました。

このどデカシーサーを見て、いつも通るたびに気になっていたお店です。
店内にはカウンター、テーブル、座敷と一通り揃っています。まずはメニューを見てみましょう。

ここはやはり迷わず、宮古そばでしょう!(本当は野菜そばが食べたかった(笑))

具材は三枚肉が2枚に、ソーキが一個、それから波型のかまぼこが2枚という構成。お値段にしてはなかなか豪勢ですね。ちなみに本当の宮古そばは麺の中に具が隠れていて、一見すると素そば(麺だけ)に見えるものですが、最近では宮古島でもそういったそばを出すお店は少ないとのことです。

鰹ベースの澄んだ出汁は五臓六腑に染みわたります。
続いては麺をいただきます。

コシのある厚みのある平麺です。見た目以上に下にたっぷりと入っていて普通サイズでも結構ずしりとお腹にきて嬉しい!

具材の三枚肉は厚みがあるのですが、しっかり甘辛の味が染みています。
定番のコーレーグスをチェックです!

赤く細長い唐辛子が入っています。スープに入れてみると、泡盛の風味が強めに出て辛さは控えめです。もしかしたら、まだ漬けはじめなのかもしれません。

いやー、入ってみて良かったです!お値段以上の満足度がありました。
麺の量、トッピングの質、そしてスープの味ともに文句なしです!できれば、野菜そばを置いてくれたら嬉しいです(笑)

【こちらの記事もどうぞ】

 

【ラーメン】登竜門(坦々麺)@那覇市久茂地

今回は那覇市久茂地にあるラーメン店「登竜門」を再訪です。

まずは食券を購入です。お昼時はいつも混んでいて、滑り込みで席を確保できました。

オーダーは坦々麺にしました。周期的にやってくる辛いもの衝動に抗えませんでした。

お昼はサービスで麺大盛ライスデザートが選べます。坦々麺に合わせてライスにしました。
それでは坦々麺をアップで。

キレイな盛り付けです。いつもながら仕事が丁寧です。

スープはこんな感じです。辛いのは辛いのですが、しっかり旨みがあるまろやかさです。辛いのが苦手な人も、このスープなら食べたくなるかも。
続いて、です。

今回は太麺にしました。麺の味も、茹で加減も文句ないのですが、坦々麺と合わせることを考えるとやっぱり細麺か平麺が妥当でしょうね。

いつ来てもこちらのお店のラーメンは美味しく、満足できますね。おすすめです。

【こちらの記事もどうぞ】

【ダイニングバー】Kiitos@那覇市楚辺

この日は金曜日だったので、ちょっとお洒落に飲みたいということでさくらと一緒に那覇市楚辺にある「Kiitos」に訪問です。

まずはビール一番搾り)です!

おつまみとして、いぶりがっこチーズナスのバルサミコマリネです。

いぶりがっこは燻製の香りとポリポリとした歯ごたえがたまりません。ナスの方は適度な酸っぱさがあり「ピクルスに似ているね」とさくらの言葉。

続いて、生ハムとパルメザンチーズのシーザーサラダをオーダーしました(写真は取り分け後です)。

程好い塩気の生ハムのおかげでシーザードレッシング無しでも良いぐらいです。
この辺りでビールおかわりです。

おかわりついでにグラスもサイズアップ!
こちらは牡蠣の香草オイル漬けです。

ボイルした牡蠣ながら、オイルに漬かっているおかげで硬くならず食感も良いです。

そして、我々の定番、鶏の唐揚げ

ビールが進む(笑)。サクサクの衣にジューシーな鶏肉と理想の組み合わせをお塩で頂きます。
というわけで、ビールが無くなったのでウィスキー(メーカーズマーク)を。

そろそろ、炭水化物が恋しくなってきたので、有精卵のカルボナーラをオーダー!

こちらの麺は食感が独特ですね。
そして、パスタだけで我々が満足するはずもなく、モッツアレラとトマトソースのピザ追加です。

薄生地はパリパリに焼かれており、耳の部分をこっそり先ほどのカルボナーラソースにディップして食べるとメチャクチャ美味しかったです!

Kitosは料理も雰囲気も非常に素晴らしく、大満足なデートでした。おかげで飲みすぎて家に帰るなり夢の世界へ旅立ってしまいました(笑)

瀬長島にてお弁当持参で飛行機を撮る!

沖縄本島屈指の飛行機撮影スポットが、瀬長島です。
特に北風運用の時は、着陸機が瀬長島側からアプローチするためグングン接近してきて迫力ある写真が撮れます。
この日は撮影に行こうとすると、さくらがお弁当を持たせてくれました!

というわけで、喜び勇んで瀬長島に向かうと、残念、南風運用で飛行機が瀬長島側から離陸していきます・・・

仕方ないので、飛び去って行く機体をパシャパシャといきます。
いきなり大物、JALBoeing 777-300ですね。

続いて、JTABoeing-737-800(JA02RK)の2号機。

翼先端のウイングレット(上向き箇所)が特徴ですね。
お腹が空いたので、早速、さくらのお弁当をいただきます。

おおー、盛り沢山ですね。この日のメインは生姜焼きにチキナーイリチー、そして卵焼き。ご飯にはべったら漬けが添えてあります。ありがたや、ありがたや。
お弁当のため、普段より濃い目の味付けなのでご飯が進みます(笑)
お昼の時間帯は発着便が多いので、その場で食べられるお弁当は本当に嬉しいです。
さくらからは「NHKのサラメシの阿部さん*1みたいに、キレイに撮って」とリクエストがありましたが、腕も機材も違いすぎました、ごめんね。

ランチ後の1発目は、ANABoeing 737-800(JA68AN)。

続いて、同じくANABoeing-737-500(JA305K)です。

エンジンに描かれたイルカの絵柄からスーパードルフィンと呼ばれています。那覇と離島を往復する働き者です。

ANA3連発のBoeing 777-200ER(JA715A)。このぐらいの大きさだと迫力があります。

黄色の機体はバニラ・エアA320(JA05VA)です。自分は那覇空港であまり見かけたことが無いので、ちょっとビックリしました。

中国国際航空Air China)のBoeing 737-800(B-5382)。

写真を撮りに来ると、ちょくちょく見かける機体です。これがこの日のベストショットかな。

おや、さくらジンベエ(JA8992)が降り立ってきました。

続いて、イースター航空Boeing 737-800もやってきました。

塗装から中華系かと思ったんですが、調べたら韓国のLCCなんですね(知らなかった)。

スカイマークBoeing 737-800(JA737X)も離陸です。

ウィングレットの先端にハートマークが付いています。お茶目ですね。
そして、この日、最後の大物はJALBoeing 777-300(JA751J)です。

機体後部に東京五輪に向けたペインティングが施されていますね。ノーズギアが閉まってくれたら最高でしたが、閉まらないままフレームアウト・・・残念。

飛行機写真は毎度毎度、撮れるものが違うので本当に楽しいです。那覇空港トラフィックも多く、こんな場所が近くにあるのはありがたい限り。

*1:阿部さんとは、写真家の阿部了さん。NHKのサラメシやANAの機内誌「翼の王国」に掲載されているお弁当の時間で数多くお弁当の写真を撮影しているお弁当ハンターです。

【ラーメン】哲麺 縁(哲麺ラーメン+チャーシュー)@浦添市安波茶

春分の日の沖縄は20℃オーバーで厚い!早くも半袖じゃないとツライぐらいです(笑)
さて、今回は浦添市にある豚骨ラーメンの「哲麺 縁」を訪問です。

まずは券売機で食券を購入します。
店内はラーメン屋にしては広め。広い分には嬉しいですね。

テーブルに座って、調味料をチェック。

そして豚骨ラーメンと言えばこちらも。

紅生姜野沢菜(写真では潰れてしまっていますね)ですね。味を変えたい時の有難いアイテムです。
今回は魚介豚骨の哲麺ラーメンチャーシュー(820円)をチョイスです。

豪華な見た目です!

トッピングは味玉刻みネギキクラゲ薄切り刻みチャーシュー、そしてのり魚粉。更に追加トッピングのチャーシュー4枚が奥に鎮座します。

スープはクリーミーな豚骨スープですが臭み等がなく、豚骨がダメな人でも美味しくいただけると思います。逆に豚骨独特の尖った感じを求めるとちょっと想像と違うかもしれません。

次は麺いきます。

麺はもちろん細麺です。硬さも8段階から選べます。今回選んだのはちょいかた。

そして、追加トッピングのチャーシューです。

厚みがあり、噛むとジューシーな旨みを含む脂が出てきます。絶対これは追加した方がいいです!
豚骨ラーメンといえば何と言っても、替え玉(50円)!

先ほど同様に硬さを選べます。個人的にはスープの温度が少し下がるので最初のオーダーより一段柔らかめの麺を頼みます。

ここの豚骨スープは人生で初めて出会う味で、クセの無い食べやすさは良いと思います。苦手な人も一度食べてみては如何でしょうか。

【こちらの記事もどうぞ】

【ビュッフェ】プリモガーデングリル泡瀬(ビュッフェ)@西原町東崎

今回の沖縄生活こーなるwayは西原町東崎にある「プリモガーデン」を訪問です。

お昼はビュッフェをやっているは知っていたのですが、夜のビュッフェがいつの間にかできていました。お値段は1,500円+税です。
勿論、食べ放題好きは迷い無く夜ビュッフェをチョイス!
まずは野菜スープです。

サラダはバラエティ豊富な品目が揃っており、選ぶ楽しみがあります。
スープは濃厚なチキンクリームスープになっています。大体いつもこれに当たるので、もしかしたら定番なのかもしれないですね。
さて、一皿目はこちら。

左奥から、シーフードピザクリームドリアチキンポークのポトフです。
チキンは焼いた後、オイルに漬けられておりジュシーな味わいが楽しめます。また、ポトフは柔らかに煮込まれたポークに加え、スライスされたソーセージも入っています。こちらがビールに合いそうな味で、車でこなければ・・・こなければ・・・
続いて2皿目。

奥が白身魚ビスタソースビーフシチューカレーピザパスタとなっています。
そして、カレー(辛口)。

こっそりとビーフシチューを混ぜたため、さくらは「ちょっとデミ寄り」と言っていました。でも、ゴロゴロとした牛肉が食べ応えを増してくれたので、じんた的には成功作です。
続いて、またパスタ

ボンゴレ風ながら、なかなか美味しくてさくらにも好評でした。奥にあるのはタコライス用のサルサソースです。こちらはさくらには不評(笑)
最後はやっぱりデザートですね。

お昼に伺った時はこのデザートがあまりラインナップが無く、さくら曰く「食べ過ぎなくて良いわ~」とのことでしたが、何といつの間にかデザートコーナーが拡張+強化!さくらが目移りするラインナップとなりました。
まずは、プリンベリーのチーズケーキチョコマフィンをセレクト。

プリンはトロトロで「これ、カスタードクリームじゃないの?」と思うぐらい滑らかでした。マフィンは、チョコ以外にも、抹茶、アールグレイ、バナナ、チーズなどがありましたね。
ラストにデザートおかわり!

ティラミスチーズマフィンスコーン生チョコです。
トースターで暖めたスコーンはサクサクで、プレーンながら自然な甘みを感じられます。この他にも、ワッフル杏仁豆腐アイスクリームなどがありました。

サラダバーの充実具合と品数的には決して多くありませんが、一品一品の味を考えるとなかなか良いビュッフェだと思います。また、今まで力を入れていなかったデザートが大幅に改善されているので、お値段以上のパフォーマンスがあると思います。
唯一の欠点は、交通の便ですかね。あー、早くマリンタウンにバス走らないかねー

【こちらの記事もどうぞ】