沖縄生活こーなるway

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

沖縄生活こーなるway

ないちゃー旦那とうちなーんちゅ奥さんのウキウキな日々の記録です。

【RAC】那覇⇒多良間 2017-01

今回は多良間島への訪問往路編です。

那覇空港から多良間空港への直行便はありませんので、宮古島にある宮古空港を経由して向かいます。
那覇宮古間へJTAANARACが就航しています。ただし、多良間への乗り継ぎを考えると選択肢はJTARACに限られます。
JTAは、7時25分那覇発のJTA551便・・・起きれません。
というわけで、飛行時間はJTAに比べ長くなるものの出発時刻8時5分のRAC801便を選択です。

朝の那覇空港はこんな感じ。

季節柄、受験生のための合格祈願がJAL側に、

そしてANA側にも。

チェックインを済ませ、保安検査場を通り抜けます。この頃はサクララウンジが改装中のため入室はせずに、そのまま進みます。

うーむ、爽快なほど空いていますね。搭乗口近辺もほらこの通り。

誰もいません。
というわけで、さっさと搭乗です。でました、RACDHC-8-100(JA8973)です。

このシーサー柄塗装を見れるのもあと僅か*1と思えば、寂しさを感じます。
肝心の飛行中の写真ですが・・・ありません(笑)多良間までずっと通路側だったので8時9分にRunway 18-36へ離陸してから、9時に宮古空港のRunway 04-22へ着陸するまで大人しくエンジン音を堪能しておりました。
とりあえず、宮古空港にて。

ここで、9時30分宮古発のRAC981便に乗り継ぎです。しかし、機材はそのままのJA8973です。宮古空港は面倒ですが一旦搭乗ゾーンから出て再度、保安検査を受ける必要があります。
9時36分に宮古空港のRunway 04-22から再度離陸し、その4分後には力強いプロペラ音ともに高度900mを時速400km/hで飛行します。
しかし、フライトは僅か12分で終了。多良間空港のRunway 16-36へ着陸です。

機内写真は帰りの便で撮りましたので、ご容赦をー。

お昼は「居酒屋 凪」でいただいた定食。

チキンのアップ。

離島の食事と侮るなかれ、サクサクで美味しかったですね。
多良間は平たい島で、さとうきびと牧畜が盛んでした。

というわけで、今回のフライトのログです。

便名 NU0801/NU0891
機材 DHC-8-Q100(JA8973)
経路 OKA⇒MMY⇒TRA
運賃区分 特便割引3
フライトマイル 162マイル
マイレージ 353マイル(172+181マイル)
FFP 1,144FOP

 

【こちらの記事もどうぞ】

*1:2017年末でDHC-8-400CCに入れ替わり予定。