沖縄生活こーなるway

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

沖縄生活こーなるway

ないちゃー旦那とうちなーんちゅ奥さんのウキウキな日々の記録です。

【TDS】東京ディズニーシー①(入園~海底2万マイル)

東京旅行2日目。

じんたとさくらは人生初の東京ディズニーシーへ突撃です!
というわけで、今回から3回分は東京ディズニーシー編となります。

朝ご飯を食べた築地から日比谷線で八丁堀まで移動し、そこからJR京葉線に乗り換え東京ディズニーリゾートのある舞浜駅を目指します。

舞浜駅からは夢の国の山手線、ディズニーリゾートライン東京ディズニーシーリゾート駅へ向かいます。

窓の形がミッキーといきなり夢の国感が全開です。そして車内は、というとこれまたつり革がダッフィーを模しており、さすがディズニーといった具合に凝った演出がなされています。

さて、車窓の風景をしばし眺めるとディズニーシー駅に到着です(奥にランドのシンデレラ城も見えます)。

この日は曇りで雨もパラついていたのですが、開園前にしてこの行列・・・晴天の日が恐ろしい。

8時半開園!

入園同時にダッシュ!と計算していたのですが甘かったですね。
とてもダッシュは無理でした。

それでも、じんたとさくらはシーで最も人気のあるトイ・ストーリー・マニアファストパス*1(以下「FP」)を取るべく、アメリカンウォーターフロントと呼ばれるニューヨークを模したゾーンへ向かいます。 

到着・・・したのですが、な、なんとこれはみんなトイ・ストーリー・マニアのFPを求める行列。人・人・人でストリートが埋め尽くされています。
開園直後にも関わらず、じんたとさくらがFPをゲットできたのは1時間後(涙)

さくら「普通に並んだ方が良かったのでは?」

ですねー。
仕方ない。気を取り直して、火山が特徴的なゾーン、ミステリアスアイランドへ行きます。

何かいきなりぶっ刺さっています(笑)
ここで、比較的待ち時間の少なかった海底2万マイルに乗りました。

球体の乗り物に3組で乗り込んで、深海の世界を移動しながら体験するアトラクションですが、安全バーなどは無いのでスリル度低め。手元のスイッチでサーチライトを動かせるのですが、だからといって何かすごいものが見つかるわけでもなく、やや消化不良気味なアトラクションでした。
待ち時間がそこそこだったので、良しとしますか。
そうそう、このアトラクションの対岸では作品に登場するノーチラス号が浮上しています。このあたりは凝っていますね。

この続きは第2回にて。

*1:指定時刻に行列に並ばずとも優先的にアトラクションを楽しめる無料チケットのこと。これを如何に活用できるかがディズニーを楽しむカギと言っても過言ではありません。